Home

遠藤周作 沈黙 映画 感想

読書感想文「沈黙(遠藤周作)」 年09月15日. ロドリゴ. 遠藤周作さんの沈黙が映画化されましたが、映画をみた感想を教えて下さい。小説は読んでいます。小説は衝撃的でしたが、映画はどうですか?予告を見ると、みたくなります。 小説は読んでません。映画は、黒澤明をオマージュしたような映像美の中で、凄惨極まる、キリシタン弾圧が. 沈黙 又吉直樹さんの新書「夜を乗り越える」の中で遠藤周作の小説「沈黙」が紹介されていた。又吉さんの実家はキリスト教徒らしくてこの本もキリスト教について書かれた本らしかった。失礼だけど信者じゃない自分からしたらキリスト教(というか宗教全般)って胡散臭くて近寄りがたい. 沈黙 silence(1971)の映画情報。評価レビュー 75件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:岩下志麻 他。 1966年に発表され第2回谷崎潤一郎賞を受賞した遠藤周作の同名小説を、篠田正浩が映画化。. やっとこさ映画『沈黙‐サイレンス‐』を見てきたのでメモ的にちょこっとだけ感想をば。 遠藤周作の有名な小説が原作とはいえ地味なテーマだし(有名だからといってみんな大好きというわけでもないだろう)やったら長いし(上映時間161分)アカデミー賞は逃したし(ノミネートも撮影賞. 遠藤周作 沈黙 映画 感想 『沈黙 -サイレンス-』原題: Silence製作年:年製作国:アメリカ合衆国、イギリス、台湾、日本、メキシコ、イタリア言語:英語、日本語 作品について 放送権 レイティング 感想 撮影 ロケーション撮影 映画賞 キャスト スタッフ 作品について マーティン・スコセッシ監督による、遠藤周作の. 【感想】沈黙 遠藤周作著 ① 信仰の根源的な問題 年に映画化され、1966年新潮社より刊行。 本当に苦しい生活の中、 それでもこの世に生を受けた限り その命が尽きるまで 生きなければならない。.

「キリストだったら同じように転ぶはずだ」 2. ・感想: なかなか良かったし遠藤周作は初めて読んだが、こういうのかアと感じた。。キリストが分からない人でも読みやすくするために上手く作っていると思うし一読の価. イッセー尾形 原作に忠実な作品として世界的にも有名で、アカデミー賞も受賞しました。 コチラから見ることができます(プライムビデオ会員は無料で)⇒沈黙 遠藤周作 沈黙 映画 感想 -サイレンス-(Amazonプライムビデオ). うちは両親ともにクリスチャンだったけど、成人して宗教の自由を得た今、私はクリスチャンではありません。 幼少期や思春期の「日本におけるクリスチャン」は少数派で希少で恥ずかしい記憶が連なっていることも一因ですが. 遠藤周作の名作小説『沈黙』のハリウッド映画化です。マーティン・スコセッシ監督は遠藤周作の小説をほぼ読破してるほどのファンで、沈黙の映画化も約30年間も思い描いてきたようです。劇中でエンドロールでさえ、人工的な効果音・音楽・BGMを使わず、波・風・虫の音だけなのはこだわりを感じさせます。 主役のロドリゴ神父を演じきったアンドリュー・ガーフィールドは『ハクソー・リッジ』でも強くキリスト教に影響を受けて沖縄戦を演じたので、偶然とはいえ宗教と日本には浅からぬ縁があるようです。『アメイジング・スパイダーマン』を演じたように、幼さも残る俳優なので葛藤するシーンにも説得力があります。 ストーリーはロドリゴら若い神父が日本に密入国して、かつての師フェレイラ神父が棄教したという真相を探っていく話ですが、段階的に日本でのキリスト教弾圧の光景を見せることにより、じょじょにロドリゴに宗教や神についての疑惑を抱かせるという見事な構成になっています。 「信仰する者が苦しみ死ぬ間際でも、なぜ神は沈黙したままなのか」という、時代が時代ならタブーになりそうなテーマを何度も何度も繰り返します。井上奉行との禅問答も本質に近い部分をついてて興味深いです。宗教とは、神とは、信仰とは、などについて久しぶりに考えさせられます。 また一見すると悪役にも思える井上奉行が、今の司法のように公平にふるまうのも少しづつ魅力的に思えてきます。キチジローの存在は、この物語の鍵となりますが、最も現代の日本人に近い精神性を持つようにも感じるし、皮肉にも最も人間的であるようにも見えます。弱さゆえに信仰を棄てきれない顔は、イエスの顔とも重なってきます。 エンタメ要素は全くなく、日本という小さな島国での歴史なので、米国も含めて世界的な興行収入は惨敗に終わりましたが、日本でもふるわなかったのは残念です。日本人の精神性は今も昔もそれほど変わらないと感じられる映画でもあるので、DVD/Blu-rayなどでもぜひ1度は観ることをおすすめします。. 映画化で話題になり、とても古い作品なのに高い評価がある事に.

アンドリュー・ガーフィールド 2. 長崎のキリシタン弾圧をポルトガル司祭のまなざしから描いた、遠藤周作の歴史小説「沈黙」。その映画化であるマーティン・スコセッシ監督「沈黙 - サイレンス -」を見てきました。 小説のほうは長い話ではなかったと記憶しているのですが、今見てみると300ページあるんですね。三行でかけ. 基本的に、フェレイラとロドリゴは同じです。 同じ思考の旅をして、同じ苦痛を味わう「双子」のような存在です(作中にもそう書かれている)。 けど、作中でもはっきりわからないけど、何かが違います。 1. 遠藤周作の小説「沈黙」を、「アイリッシュマン」「タクシードライバー」の巨匠マーティン・スコセッシが映画化した. フェレイラ. 沈黙 -サイレンス-()の映画情報。評価レビュー 4869件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:アンドリュー・ガーフィールド 他。遠藤周作の小説「沈黙」を、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などの巨匠マーティン・スコセッシが映画化した歴史ドラマ。17世紀.

別の日、ロドリゴは大男(高山善廣)に牢屋から出され、町内でさらし者にされながら別の牢へ移されます。夜、キチジローが赦しをこいに来て、ロドリゴは渋々祈りを捧げます。看守のいびきがうるさいとうったえたロドリゴは、側にいた通辞とフェレイラに「逆さ吊りされた隠れキリシタンの苦悶の声だ」と教えられます。 独房の壁にはフェレイラが神父の時に書いた「Laudate Eum」(讃えよ、主を)の文字が刻まれています。フェレイラ「穴の中の切支丹はイエスのようには感じてない。あなたは彼らのために祈るだけか。彼らを救えるのは『神』ではなく『あなた』だけだ」。ロドリゴ「信者たちよ、もう棄教せよ。転ぶ。転べ」 フェレイラ「おまえが棄教せぬと犠牲はずっと出る。イエス・キリストなら彼らを救うために棄教するだろう。イエスにおまえの愛を示せ」。通辞「形だけでいい」。踏み絵のイエス「踏みなさい。私はあなたの痛みを分かつために十字架を背負った。沈黙してたのではなく共に苦しみを感じていたのだ。踏みなさい」 今まで沈黙してたイエスがついに言葉を発しますが、これはロドリゴの心が生んだ都合の良い幻像だと解釈していいのでしょうか。ロドリゴは踏み絵をした後、文字通り「転び」ます。ここや小川に写ったイエスの顔が、棄教を繰り返すキチジローに似てるのは皮肉なのか、苦しみながらも生き続けて信仰をやめない彼こそが最もイエスに近い存在だということでしょうか。 完全な静寂と沈黙の中、ロドリゴにはイエスの顔が浮かび、ついに踏み絵をして「転び」ます。通辞の合図で逆さ吊りの5人は穴から出され、助けられます。静寂がやぶられると、虫の音が激しく聞こえてきます。それ以降、ロドリゴは「転びのポウル」と呼ばれるようになります。 その後はフェレイラを手伝い、オランダからの輸入品でキリスト教に関する物を見つける仕事をします。ロドリゴは長崎奉行の井上筑後守の命により、江戸で亡くなった岡田三右衛門という男の名前と妻子を引き継ぎ、残りの人生を江戸で暮らします。井上は棄教の宣言文を何度も要求して見張り続けます。 ロドリゴの側にはキチジローもいて、彼は未だに赦しを得るために告解したいと言います。キチジローは何度棄教しても信仰を棄てません。キチジロー「私はパドレ(ロドリゴ)も家族も主も裏切った」。ロドリゴは告解を聞いてやります。ロドリゴ「たとえ神が沈黙して. 沈黙 サイレンスの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。遠藤周作の小説「沈黙」を、「ディパーテッド」「タクシー. 遠藤 周作『沈黙』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。. ロドリゴ. 「キリストも常に側にいて、一緒に苦しみ続けていたのだ」 たどり着いた境地が、ちょっと違う気がするんですよね。そしてロドリゴの方により、感動を覚えます。. See full list on pixiin. まず、物語の巻末ちかくにタイトルの「沈黙」の意味が突然飛び込んできます。 「主よ. 牧師の小窓(78)映画「沈黙」を見て5 遠藤周作氏の理解したイエス・キリスト 福江等.

メルマガ読者さんにいただいた感想文です。 pdf 津和野の乙女峠カトリック教会 スポンサードリンク 映画「沈黙-サイレンス」の感想 江戸時代の長崎を舞台にしたこの作品、実は全くの作り話ではなくて、本当にあった出来事や人を元に書かれているそうです。. 遠藤周作さんの「沈黙」についてです。 読書感想文をこの本で書こうと思います。(学校指定のため)この本について読書感想文を書く際に気をつけるべきこと、書いとくべきこと、考えるべきことなどを教えていただきたい. 遠藤周作(えんどう しゅうさく小説家・エッセイスト、文芸評論家。「第三の新人」の一人。 キリスト教を主題にした作品を多く執筆。代表作は「沈黙」 1955年発表の「白い人」で芥川賞。脚光を浴びる。. 遠藤周作 沈黙 映画 感想 なぜあなたは沈黙し続けるのですか?」 「なぜ答えてくださらないのですか?」 ロドリゴも、フェレイラも、日本のキリシタン弾圧を受けた人々も、繰り返しくりかえしこころの中で神に呼びかけ続けました。 はげしい拷問の中でも祈り続けました。 しかし神は何も答えなかった。 結果、皆が「踏み絵」を踏むことになりました。 このタイトルの「沈黙」は「キリストの沈黙」の意味。 そして、巻末に主イエスキリストの言葉として、 「私は沈黙していない。あなたとともに苦しみ続けていたのだ」とあります。 この主イエスキリストの言葉で一気に、人間の信仰心の希薄さが浮き彫りになると同時に、主イエスキリストが常に寄り添い続けてくれていたんだ、という感動を引き起こします。.

遠藤周作の小説「沈黙」を、「ディパーテッド」「タクシードライバー」の巨匠マーティン・スコセッシが映画化したヒューマンドラマ。 キリシタンの弾圧が行われていた江戸初期の日本に渡ってきたポルトガル人宣教師の目を通し、人間にとって大切な. 遠藤周作の小説『沈黙』を『ディパーテッド』『タクシードライバー』のマーティン・スコセッシ監督が映画化。 マーティン・スコセッシ監督が1988年に原作を読んで以来、28年をかけて念願の映画『沈黙-サイレンス-』。 エマ・ティリンガー・コスコフなどといったマーティン・スコセッシ. リーアム・ニーソン 3. 先に遠藤周作の原作を読んでから映画を観ました。(写真は、丸善ジュンク堂梅田店の展示) 内容はご存じの方も多いと思いますが、本の裏表紙に書かれたあらすじを引用. 1971年に篠田正浩監督により、『沈黙 silence』の題名で映画化された。遠藤周作は篠田と共同で脚本を担当しているが、ロドリゴの棄教に至る経緯などは大幅な改変が加えられている。 キャスト.

さいごにチョロっと出てきたユダ。 裏切り者のユダは歴史上も悪者的に言われますが、ロドリゴやフェレイラも同様に、キリスト教信者たちから「悪者」「裏切り者」とののしられ続けることになります。 その共通点から最後にユダに関する見解が突然出てきます。 キリストの言葉として、「ユダになすべきことをするがいい、と言って、それをしたユダは苦しみ続けていた」とあります。 ユダも、フェレイラも、ロドリゴも、苦しみ続けていた。 この世で、人間の規範で「罪」「裏切り」とされる行為であっても、主イエスキリストだけは、裏切った側の人間のそばにも立ち続け、一緒に苦しんでくれる。 ユダもまた、ロドリゴのように苦しみ続けたのだと、見方が変わってきますよね。 そしてキリストは、ユダとともに苦しんだのだと思うと、少し心が温まります。. 機内で見ようとしては、断念していた映画「沈黙 -サイレンス-」をやっとを見た。161分とおそろしく長いのだ。江戸初期の日本、とりわけ長崎におけるキリシタン(キリスト教徒)迫害とそれに向き合うポルトガル人司祭の、どちらかといえば深淵で深刻やや地味めな話なのだが、これをまさか. 年に日米合同で「沈黙―サイレンスー」という映画が公開されました。アカデミー賞受賞作品として日本でも注目を集めましたね。 沈黙 -サイレンス-(Amazonプライムビデオ)で見ることができます! 監督:マーティン・スコセッシ 1. フェレイラ. 映画『沈黙-サイレンス-』日本版ポスターができました。 なぜ弱きわれらが苦しむのか― 遠藤周作が「沈黙」で突きつけたテーマの1つは、”弱者”。スコセッシ監督による映画版でもその部分がしっかりと描かれています。. 沈黙 サイレンスの映画レビュー・感想・評価一覧。映画レビュー全392件。評価3. ロドリゴ:デイビッド・ランプソン; ガルペ:ダン・ケニー. 年公開、マーティン・スコセッシ監督のアメリカ映画『沈黙 ―サイレンスー』。キリスト教者でもあった作家・遠藤周作の代表作『沈黙』が原作です。ここでは、クリスチャンでもなく映画にも詳しくない筆者なりの、感想を綴っていきます。.

スコセッシ監督の『沈黙』を観ました。遠藤周作の同名小説を原作とするハリウッド映画です。 遠藤周作 沈黙 映画 感想 『沈黙』のあらすじについては以下で書きました。ほぼ原作に忠実な映画でした。 (関連記事)遠藤周作『沈黙』の出版は日本中を揺るがした事件だった 映画『沈黙』の特徴とは まずは客観的な. 17世紀、江戸時代初期の日本。長崎では厳しい隠れキリシタン弾圧が行われ、雲仙地獄谷では穴の空いた桶に熱湯を入れ、少しづつ体にかける拷問により、多くのキリスト教宣教師が棄教(信仰をすてること)します。クリストヴァン・フェレイラ神父(リーアム・ニーソン)もその光景を見せられ棄教を迫られます。 ポルトガルのイエズス会の宣教師セバスチャン・ロドリゴ神父(アンドリュー・ガーフィールド)とフランシス・ガルペ神父(アダム・ドライヴァー)は、師であるフェレイラ神父の棄教のうわさを聞き、信じられず確かめるために、危険を覚悟して日本へ渡ることを決意します。 中国のマカオに着いたロドリゴ神父とガルペ神父は、日本へ密入国する中国船と、マカオ滞在の日本人キチジロー(窪塚洋介)という案内人を見つけることができます。しかしキチジローはキリスト教徒ではないと言い不安になりますが、なんとか長崎のトモギ村への密入国に成功し、村人に手引されます。 モキチ(塚本晋也)は、そこには司祭がいないため「じいさま」と呼ばれる村長のイチゾウ(笈田ヨシ)だけが洗礼を行えると言います。ロドリゴらは最初は、夜の真っ暗な家や不気味な女性や吐き出すほどの粗食などに動揺するが、彼らのもてなしに感動して、持ってきた十字架を差し上げます。 ロドリゴらはキリスト教の宣教師なのに、密入国やその国で禁止されてる布教活動をしてもいいのでしょうか。序盤からそのことが気になってしまいます。どの国で宗教弾圧されても宗教はなくならないので、法よりも信仰が優先されると考えるべきなのでしょうか。 ロドリゴらは炭小屋に隠れて、夜だけ外へ出て、村人の懺悔を聞き、真っ暗闇の中ミサを行います。そんな生活がつづくと、ガルペ神父はしだいにいらだちます。2人で小屋の外でくつろいでると、何者かに見つかってしまいます。2人は小屋に隠れますが、キリシタンがやって来て、五島列島へ来てほしいと頼まれます。 キチジローも五島の出身で、8年前の井上奉行の隠れ切支丹狩りの時に、イエスを否定して踏み絵をして、家族のうち自分だけ助かったそうです。ロドリゴ神父だけが五島列島へ船で向かい、手厚く歓迎されます。やがて近くの村からも信者が集まってくるようになります。 フェレイラ神父と長崎で会ったという人も見つけますが、今は危険で近づけないと言います。信者たちは信仰の対象物を求めたので、. 『沈黙』(ちんもく)は、遠藤周作が17世紀の日本の史実・歴史文書に基づいて創作した歴史小説。 1966年に書き下ろされ、新潮社から出版された。 江戸時代初期のキリシタン弾圧の渦中に置かれたポルトガル人の司祭を通じて、神と信仰の意義を命題に. 大学で歴史学に傾倒した時に、宗教とはその風土とともに伝統されるのが一番自然な形ではないか? と思い、自信の子どもたちは日本の「常識」とされることをまず伝えてから、 成人して自由に宗教を選んでいけばいいと考えたからです。 だから何ってわけじゃありませんが、大学時代、自分の生まれ育った環境で身近だったキリスト教について勉強しまくった時期があり、その時に一気に読んだ遠藤周作さんの作品は、難しい歴史書・宗教書の中の「楽しみ」「娯楽」の一つでした。 遠藤さんの作品は、本当によみやすい。 そして史実に基づいて書かれているため、歴史書としても大いにイメージを助けてくれます。 今の日本におけるキリスト教は少数派ではあっても弾圧などされず、国民は宗教の自由を与えられています。 が、死が身近だった時代こそ余計に、すがらずにはいられなかった「神」。 苦しみの中で語り掛け続ける信者やロドリゴの祈りに「沈黙」を続ける神というのは、容易に想像できますよね。 天から声が降ってきて話しかけてくることはなくても、命を懸けて信じているものに対して何らかの啓示が欲しいと願い続けるものです。 命がけの祈りに対する「沈黙」。 実は、神は我々の心のそばに寄り添っていて、一緒に苦しみ続けていた、と最後で悟る結末。 「そっか。一緒にいたんだ」と、キリスト教徒でない私でさえ、奇妙な安心感を覚えます。 さいごまで読んでくれてありがとうございました。. 『沈黙 (1966年)』(遠藤周作) のみんなのレビュー・感想ページです(11レビュー)。. 『沈黙 -サイレンス-』(ちんもく サイレンス、原題: Silence )は、年のアメリカ合衆国の歴史ドラマ映画。遠藤周作の小説『沈黙』を原作とする。監督はマーティン・スコセッシ. 遠藤周作 沈黙 映画 感想 See full list on cocolotus. スポンサードリンク 遠藤周作の「沈黙-サイレンス」、日本では 年1月21日に公開ですが、海外での反応はどうなのか?.

年日本公開のアメリカ 宗教映画 監督 マーティン・スコセッシ(タクシードライバー、レイジング・ブル、グッドフェローズ、ギャング・オブ・ニューヨーク、ディパーテッド、ヒューゴの不思議な発明) 原作 遠藤周作「沈黙」 出演 アンドリュー・ガーフィールド(ソーシャル. 遠藤周作『沈黙』は昭和41年、新潮社より出版。出版後、たちまち文芸界の話題をかっさらった。 出版のその年のうちに、キリスト教系の雑誌から文芸誌まで、十数編の評論が発表された。また、シンポジウムや座談会も開催されたという。 三島由紀夫、会田雄次、江藤淳、丹羽文雄、武田. 遠藤周作の小説「沈黙」がついに年映画化されました。 監督はあのスコセッシ。出演は窪塚洋介、浅野忠信等そうそうたるメンバーです。. 刊行から50年、遠藤周作没後20年の年。世界の映画人たちに最も尊敬され、アカデミー賞 ® にも輝く巨匠マーティン・スコセッシ監督が、戦後日本文学の金字塔にして、世界20カ国以上で翻訳され、今も読み継がれている遠藤周作「沈黙」をついに映画化.